Documents

Documents

コントローラとネットワークの設定

コントローラのLANポートをPCまたはLANにEthernetケーブルで接続し、リンクアップしていることを確認します。

コントローラのLANポートは10Mbpsの接続のため、接続するネットワークインターフェースによってはネゴシエーションが正常に完了せずリンクアップしない場合があります。その場合は対向のスイッチなどでリンク速度を10Mbps固定に設定を行ってください。

コントローラの初期IPアドレスは以下の設定になっています。

IPアドレスサブネットマスク
192.168.1.100255.255.255.0
コントローラの設定

PCのIPアドレスを192.168.1.200/24など同じセグメントのアドレスに変更し、ブラウザから192.168.1.100のアドレスに接続します。

以下の画面が確認できれば正しく接続されています。コントローラへ接続した画面ではセンサーの状態が一覧で表示されます。初期状態ではセンサーに接続されていないために何も表示されません。

ブラウザのURLの末尾に/unlock1234を付与して表示すると管理画面へのアクセスがアンロックされます。

  • http://192.168.1.100/unlock1234

次にブラウザからコントローラの8080ポートにアクセスし管理画面を開きます。

  • http://192.168.1.100:8080

Network Confguration画面ではコントローラのIPアドレスやZabbixプロトコルによるデータの送信の有効/無効設定などが行えます。

この画面でIPアドレス、サブネットマスク、ゲートウェイ、NTP、DNSの設定を行い、「Submit」ボタンを押すと設定が保存されコントーローラが再起動します。設定変更後は新しいIPアドレスでアクセスを行ってください。

コントローラとセンサーの接続

コントローラの1Wポートとセンサーの1WポートをEthernetケーブルで接続します。端子はRJ45ポートとなっており通常のEtnernetケーブルを利用して接続を行います。

このポートではセンサーとのデータ通信、およびセンサーへの電力供給を行っています。Ethernet規格のデータとは異なる通信を行うため、LAN接続を行うスイッチやPCと接続はできません。

コントローラとセンサー間のケーブル長を合計した長さは150M以内に収めてください。例えばセンサーがスプリッタを介して2つ接続されている場合、コントローラとセンサーA、コントローラとセンサーBのそれぞれのケーブル長の合計が150M以内に収まる必要があります。

センサーとの接続が完了したら、ブラウザからコントローラの管理画面を開き、上部の「Sensor Configuration」をクリックしてセンサーの登録画面を開きます。

画面下部にある「New SN」領域に0000000000000000ではない値が表示されていればセンサーが新規に認識されています。

「New Sensor」領域のテキストフィールドから値を選択、コピーして「Stored SN」の0000000000000000と表示されているテキストフィールドにペーストし、下部の「Submit」ボタンをクリックすることで新規にセンサーを登録することができます。

センサーを登録するとコントローラのトップ画面ではセンサーの取得値が表示されます。

センサー名を変更したい場合、コントローラの管理画面の「Name Config」画面から行えます。各センサー名を変更するとコントローラのトップ画面の表示に反映されます。

Zabbixの設定 (アクティブエージェント)

コントローラはZabbixエージェントのアクティブチェックの通信と同等の機能を有しており、Zabbixサーバーに対して直接センサーの取得データを送付することができます。

アクティブエージェント機能を有効にする場合、コントローラ管理画面の「Network Config」画面で以下の設定を行います。

設定パラメータ説明
Active Agent Enabledアクティブエージェント機能を有効にします
Server IP or Domain通信するZabbixサーバーのIPアドレス、またはDNS名を設定します
Server Port通信するZabbixサーバーのポート番号を設定します
Request Key interval in secZabbixサーバーから監視アイテム設定の取得を行う間隔を秒数で設定します。(zabbix_agentd.confのRefreshActiveChecksパラメータと同等)
Host Nameエージェントのホスト名を設定します(zabbix_agentd.confのHostnameパラメータと同等)

ZabbixサーバーのWebインターフェースから以下のホスト、アイテムの設定を行うことで、コントローラからのセンサーデータをアイテムのデータとして受信することができます。

設定パラメータ説明
ホスト名コントローラに設定したHost Name
アイテムのタイプZabbixエージェント(アクティブ)
アイテムのキー接続しているセンサーにより以下のキーを設定

センサー種別に対するアイテムのキーは以下の通りです。コントローラに接続された1つ目のセンサーから順に末尾の数値を1, 2, 3...と変えて登録することで複数のセンサーのデータを取得することができます。

センサー種別キーデータ型
温度センサーtemp.1数値(浮動小数)
湿度センサーhum.1数値(浮動小数)
気圧センサーpress.1数値(浮動小数)
接点センサー(AコネクタON/OFFステータス)in.a.1数値(整数)
接点センサー(AコネクタON回数)cnt.a.1数値(整数)
接点センサー(BコネクタON/OFFステータス)in.b.1数値(整数)
接点センサー(BコネクタON回数)cnt.b.1数値(整数)

その他に利用できるアイテムのキー

キーデータ型説明
agent.ping数値(整数)必ず1を返す
ボード上のジャンパーによる出荷状態へのリセット

ボード上のジャンパーを差し替えることでコントローラの設定を出荷状態へリセットすることができます。

標準状態のジャンパーは下記のようになっています。

ジャンパを下記の状態に差し替え、電源を入れることで設定が出荷状態へリセットされます。その後、電源を切ったあとジャンパーを標準状態へ戻して再度電源を入れ直すことで工場出荷状態で起動します。